【2022年】ロジクール マウス おすすめモデル【ワイヤレス・トラックボール】



マウス、キーボードといったパソコン周辺機器を多く取扱う「ロジクール」

日本以外では「Logitech」ブランドでグローバル展開をしており、マウス、キーボードの分野では世界トップシェアを誇っています。

ロジクールのマウスは、低価格帯のエントリーモデルからハイスペックモデルまで、さまざまモデルが販売されており、どれを選んだらよいか分からないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、ロジクールマウスを選ぶ時の重要なポイントやおすすめのモデルを紹介します。

ロジクールマウスの魅力とは?

ロジクールのマウスの魅力は、やはり豊富なラインナップです。

一般的な用途からゲーミングマウスまで幅広いラインナップを取り揃えているので、最適なマウスを見つけることができます。

価格帯も1,000円台から購入できるエントリーモデルから「MXシリーズ」といった高性能なハイエンドモデルまで多数の製品が販売されています。

また、1台のマウスとキーボードでシームレスなPC操作を実現できる「flow」機能やボタンに好きな操作を割り当てることができる「Logicool Options」といったロジクール独自の専用アプリケーションも大きな魅力でしょう。

 

ロジクールマウスの選び方

ロジクールのマウスは、多くのモデルが販売されていますが、マウスを選ぶ時に重要なポイントが3つあります。

ロジクールマウス 選び方のポイント

  • 無線方式
  • 読み取り方式
  • バッテリーの種類(充電式・電池)

用途に合わせて選ぶ無線方式

ロジクールマウスの無線方式は、3種類があります。
用途に応じて最適な無線方式を選びましょう。

レシーバーと1対1で接続する2.4GHz方式

パソコンにレシーバーを接続して、無線でマウスを操作できる方式です。

ロジクールの独自技術「アドバンス2.4GHzワイヤレステクノロジー」は、最長10mの範囲でマウスが使用できます。

仕事でのプレゼン時にパソコンから離れた状態でもマウスが快適に利用できます。

 

キーボード、マウスを最大6台まで1個のレシーバーで管理できるUnifyingタイプ

「Unifying」は、ロジクールの独自無線通信規格です。

通常、マウスの無線方式は、1個のUSBレシーバーでは、1台のマウスしか接続ができません。

「Unifying」に対応したキーボードやマウスを使用すれば、1つのレシーバーで最大6台まで同時に利用できるので、効率よく周辺機器を利用できます。

レシーバーも非常に小型なので、パソコン前面のUSBポートやノートパソコンに付けたままでも、邪魔になりません。

 

レシーバー不要でノートパソコン、iPadやタブレットにも利用できるBluetooth方式

レシーバーを利用しないBluetooth方式であれば、USBポートが搭載されていないノートパソコンやタブレットでも利用できます。

また、USBポートに余裕のない場合にUSBポートの確保ができたり、レシーバーの着脱の手間も省けるメリットもあります。

 

使用環境に合わせてマウスの読み取り方式で選ぶ

ロジクールマウスの読み取り方式には以下の2種類があります。

マウスの読み取り方式

  • オプティカルセンサー(光学式)
  • 読み取り精度が高い「Darkfield」

利用環境によって、最適な読み取り方式を選びましょう。

マウスパッドの上で使うならオプティカルセンサー(光学式)

光学式は、センサーに搭載された赤色LEDの反射光からマウスの動きを読み取ります。

エントリーモデルに採用されている読み取り方式ですが、マウスパッドを使用したり、光学式マウスが苦手とする金属面や不透明ガラスといった環境で使用しないのであれば、正確な読み取りが可能です。

 

読み取り精度が高い「Darkfield」

ロジクールの「Darkfield」テクノロジーは、光学式より読み取り精度が高く、光学式マウスが苦手とする透明なガラスの上でも正確にマウスの動きを読み取ることができます。

光学式の読み取り感度は1,000~2,000dpiが一般的ですが、Darkfieldテクノロジーが採用されたロジクールのマウスは4,000dpiと非常に高い読み取りが実現できます。

 

バッテリーの種類(充電式・電池)も確認

無線式マウスのバッテリーの種類は、充電式タイプ、乾電池の2種類があります。

充電式タイプを採用している「MX Anywhere 3」や「MX Mater 3」は、フル充電の状態から最長70日間の使用が可能になっています。
1分間の急速充電で3時間以上利用できるので、充電が切れた場合でも安心して利用できます。

電池式を採用しているロジクールのマウスは、単三電池1本で1年以上利用できることが多いので、交換の手間や電池の購入コストといった電池式のデメリットは気にならないでしょう。

 

トラックボールタイプなら省スペースで快適

トラックボールタイプのマウスは、マウス本体に埋め込まれたボールを親指で転がすことにより、カーソルを操作することができます。

マウスパッドやマウスを動かすための場所が必要ないので、省スペースで利用できます。

通常のマウスと違って指だけで操作できるので、腕や肩の負担を減らすことができるので、疲労軽減にも繋がります。

 

パソナビ厳選!ロジクールのおすすめマウス

商品名 ボタン数 静音 Flow Easy-switch 機能 サイズ 重量 接続方式 読み取り方式 DPI(解像度) カラー 給電方法 バッテリー持ち時間 保証期間
ロジクール M650 SIGNATURE 5 - - SMARTWHEELスクロール
(高速スクロール)
幅: 61.8mm
高さ: 107.2mm
奥行き: 37.8mm
約101 g Logi Bolt USBレシーバー / Bluetooth アドバンスオプティカルトラッキング 400~4000 グラファイト
オフホワイト
ローズ
単3形乾電池 x 1 最長24ヵ月利用 2年
ロジクール MX Anywhere 3 6 - MagSpeed電磁気スクロールホイール
(高速スクロール)
幅: 65mm
高さ: 100.5mm
奥行き: 34.4mm
99 g Unifying-USB / Bluetooth Darkfield 200~4000 ペールグレー
ローズ
グラファイト
USB-C (急速充電対応) 最長70日 2年
ロジクール MX MASTER 3 7 - MagSpeed電磁気スクロールホイール
(高速スクロール)
サムホイール
ジェスチャ ボタン
幅: 84.3mm
高さ: 124.9mm
奥行き: 51mm
141 g Unifying-USB / Bluetooth Darkfield 1000 (最大4000) グラファイト
ミッドグレー
USB-C (急速充電対応) 最長70日 2年
ロジクール ERGO M575 5 - - - エルゴノミクスデザイン 高さ: 134mm
幅: 100mm
奥行き: 48mm
145 g Unifying-USB / Bluetooth オプティカルトラッキング 400
(最大2000)
グラファイト
オフホワイト
ブラック
単3形乾電池 × 1 24ヶ月 2年
※ブラック:M575Sは1年
ロジクール MX ERGO 8 - エルゴノミクスデザイン 幅: 99.8mm
高さ: 132.5mm
奥行き: 51.4mm
259g Unifying-USB / Bluetooth オプティカル トラッキング 380(最大2048) ブラック Micro-USB 4か月 2年
ロジクール PEBBLE M350 3 - - - 幅: 59mm
高さ: 107mm
奥行き: 26.5mm
100 g USB Nanoレシーバー / Bluetooth オプティカルトラッキング 1000 グラファイト
ローズ
グリーン
オフホワイト
ブルー
単3形乾電池 × 1 18ヶ月 2年
ロジクール M590 7 チルトホイール 幅: 64mm
高さ: 103mm
奥行き: 40mm
101 g Unifying-USB / Bluetooth オプティカルトラッキング 1000 ミッドグレー トーナル
グラファイト トーナル
ルビー
単3形乾電池 x 1 24ヶ月 2年
ロジクール M331 3 - - - 幅: 67.9mm
高さ: 105.4mm
奥行き: 38.4mm
91 g Unifying-USB オプティカルトラッキング 1000 ブラック
レッド
ブルー
グレー
単3形乾電池 × 1 24ヶ月 2年
ロジクール M220 3 - - - 幅: 60mm
高さ: 99mm
奥行き: 39mm
75.2 g USBレシーバー オプティカルトラッキング 1000 ブルー
オフホワイト
レッド
ローズ
ダークグレー
単3形乾電池 × 1 18ヶ月 3年

ロジクールマウス 人気ランキング トップ3

当サイト経由で購入されているロジクールマウス トップ3です。
2022年2月に発売された新作「M650」やロジクールマウスのフラッグシップモデル MXシリーズが売れ筋です。


ロジクール M650 SIGNATURE ワイヤレスマウス

商品名 ロジクール Signature M650 / M650L 読み取り方式 アドバンス オプティカル トラッキング
ボタン数 5 給電方法 単三形乾電池 x 1
接続方式 Logi Bolt USBレシーバー / Bluetooth バッテリー持ち時間 最長24ヵ月

クリック音を90%低減した静音ボタンとスクロール速度を自動的に切り替えることができる「SMARTWHEELスクロール」を搭載した「Signature M650」

今回のレビュー機は 「Signature M650S / ブラック / ノーマルサイズ」
グリップ部のなめらかな曲線デザインやグラファイトカラーの質感は、クオリティの高さが伝わってきます。

ロジクール Signature M650 ワイヤレスマウス 正面

 

カラーバリエーションは、グラファイト、オフホワイト、ローズの3色展開。

ロジクール Signature M650 ワイヤレスマウス カラーバリエーション

 

ロジクール公式サイトに掲載されているクレジットカードの枚数を目安にしたサイズガイド。
通常サイズのレギュラー(M650)と大きめサイズのラージ(M650 L)の2種類から選ぶことができます。

ロジクール Signature M650 ワイヤレスマウス サイズガイド

上部には左右クリック、スクロールホイール、電源ランプを搭載。
左右のクリックボタンは、静音タイプになっています。

ロジクール Signature M650 ワイヤレスマウス 上面

 

以下の動画は、通常のワイヤレスマウスとクリック音を比較した動画になります。
環境音の方がうるさいくらいですね。

 

底面のカバーを外すと、単3形電池とLogi Bolt USBレシーバーが格納されています。
Logi Bolt USBレシーバー使用時で最長24ヵ月利用できます。

ロジクール Signature M650 ワイヤレスマウス バッテリー

 

「Signature M650」は、ゆっくり回すと精密な1行単位のスクロール、勢いよく回すと高速スクロールに自動的に切り替わる「SMARTWHEELスクロール」を搭載しています。

「SMARTWHEELスクロール」は、縦に長いウェブページやエクセルファイルを一気にスクロールできるので、作業の効率が上がります。

ロジクール Signature M650 ワイヤレスマウス SMARTWHEELスクロール



実機レビュー
ロジクール M650 SIGNATURE ワイヤレスマウス 実機レビュー 【2022年新作・静音・高速スクロール】

2022年2月に発売されたロジクールマウスの新製品「Signature M650」 クリック音を90%低減した静音ボタンとスクロール速度を自動的に切り替えることができる「SMARTWHEELスクロール ...



ロジクール MX Anywhere 3 ワイヤレスマウス

商品名 ロジクール MX Anywhere 3 読み取り方式 Darkfield
ボタン数 6 給電方法 USB-C (急速充電対応)
接続方式 Unifying-USB / Bluetooth バッテリー持ち時間 最長70日

ロジクール MX Anywhere 3は、ハイエンドマウスの「MX Master 3」の機能性を踏襲しながら、コンパクトに軽量化されたモデルです。

美しい曲線で構成されたフォルム。

ロジクール MX Anywhere 3 ワイヤレスマウス 正面

 

コンパクトサイズなので、手の小さな方にもおすすめです。

ロジクール MX Anywhere 3 ワイヤレスマウス 握ったイメージ

 

MagSpeedホイールを搭載したホイール部分は、メタリックな光沢感があり、ハイエンドマウスにふさわしい高級感があります。

ロジクール MX Anywhere 3 ワイヤレスマウス スクロールホイール・ボタン

 

USB Type-Cケーブルによる充電方式になっており、フル充電状態で最長70日間動作するので、頻繁に充電する必要もありません。

バッテリーが切れた場合でも1分の充電で3時間駆動する急速充電に対応しているので安心です。

ロジクール MX Anywhere 3 ワイヤレスマウス USB TYPE-C



実機レビュー
ロジクール MX Anywhere 3 実機レビュー 軽量コンパクトなハイエンドマウス

ロジクール MX Anywhere 3は、ハイエンドマウスの「MX Master 3」の機能性を踏襲しながら、コンパクトに軽量化されたモデルです。 「MX Master 3」は、多機能で使いやすいので ...



ロジクール MX Master 3 ワイヤレスマウス

商品名 ロジクール MX MASTER 3 読み取り方式 Darkfield
ボタン数 7 給電方法 USB-C (急速充電対応)
接続方式 Unifying-USB / Bluetooth バッテリー持ち時間 最長70日

ロジクールのフラグシップモデルの「MX Master3」

1秒間に1,000行の高速スクロールが実現できるMagSpeed電磁気スクロールホイールや親指で操作できるサムホイールなどハイエンドマウスにふさわしい機能が搭載されています。

レビュー機のカラーは「グラファイト」
つや消しのマットな質感のボディは高級感があり、ひと目でクオリティの高さが伝わってきます。

MX Master 3 ワイヤレスマウス 正面

標準的なマウスよりやや大きいサイズ感。
親指部分の曲線上のグリップのおかけで、適度なホールド感があり、持ちにくいといった違和感は感じません。

MX Master 3 ワイヤレスマウス 操作イメージ

 

上部には左右クリック、スクロールホイール・ホイールモードシフトボタンを搭載。

MX Master 3 ワイヤレスマウス 上面

 

メタリックな光沢感が印象的なMagSpeedホイールを搭載。
ハイエンドマウスにふさわしい高級感があります。

MX Master 3 ワイヤレスマウス 前面

 

「MagSpeed電磁気スクロールホイール」は、ホイールを回す速度によって2つのモードが切り替わります。

  1. ラチェットモード
    クリック感があり少しずつスクロールできる
  2. フリースピンモード
    クリック感がなくなり高速スクロールできる

ホイールをゆっくり回すと「1.ラチェットモード」となり、ホイールを高速回転させると「2.フリースピンモード」になります。
スクロールホイールの回す速度によって、2つのモードが自動的に切り替わります。

高速スクロールを実現する「フリースピンモード」は、1秒間に1,000行のスクロールが可能なので、大量のデータ行があるExcelや縦に長いウェブサイトをあっという間にスクロールできます。

この高速スクロールに一度慣れてしまうと他のマウスに戻れないほどの快適性を得ることができます。

MX Master 3 ワイヤレスマウス スクロールホイール

 

マウスの左側面に搭載されているサムホイールは、横に長いExcelファイルを編集する時に便利です。

通常、横スクロールをする場合は、スクロールバーをドラッグしてスクロールしなければなりません。
しかし、サムホイールを使用すると、親指でホイールを回せば横スクロールが可能になります。

MX Master 3 ワイヤレスマウス サムホイール

 

マウス前面の先端部分には充電用のUSB-Cポートを搭載。
MX Master 3」は、急速充電に対応しており1分間の急速充電で3時間使用可能になっています。
また、充電しながら使用することもできます。

MX Master 3 ワイヤレスマウス USB TYPE-C



実機レビュー
ロジクール MX Master 3 実機レビュー カスタマイズ性が高いハイエンドマウスの決定版!

ロジクールのフラグシップモデルの「MX Master3」 1秒間に1,000行の高速スクロールが実現できるMagSpeed電磁気スクロールホイールや親指で操作できるサムホイールなどハイエンドマウスにふ ...


ロジクール ERGO M575 トラックボールマウス

商品名 ロジクール M575 トラックボールマウス 読み取り方式 オプティカルトラッキング(光学式)
ボタン数 5 給電方法 単三形乾電池 x 1
接続方式 Unifying-USB / Bluetooth バッテリー持ち時間 24ヶ月

トラックボールマウスユーザーの間で10年以上愛用されている定番商品といえば「ERGO M575」

今回のレビュー機は「ERGO M575S / ブラック」
ブルーのトラックボールが印象的なデザインです。

ロジクール M575 トラックボールマウス 正面

 

上部には左右クリック、スクロールホイールを搭載。
ボディ部分は光沢のある質感に仕上がっています。

ロジクール M575 トラックボールマウス 上面

 

メタリックな質感が印象的なトラックボール。

ロジクール M575 トラックボールマウス ボール部分

 

クリック音は静音タイプではないので、しっかりとしたクリック音がします。
左のクリックボタン部分に「戻る」「進む」ボタンを搭載。

スクロールホイールは、回す時にしっかりとした感触があります。
ボタンをクリックする時に誤って触れても誤動作するようなこともありません。

ロジクール M575 トラックボールマウス スクロールホイール

 

底面のカバーを外すと、単3電池とUnifyingレシーバーが格納されています。
Unifying USBレシーバー使用時で最長24ヵ月利用できます。

ロジクール M575 トラックボールマウス バッテリー

 



実機レビュー
ロジクール ERGO M575 実機レビュー 10年以上支持されるトラックボールの定番商品【M575GR・M575Sの違いも解説】

トラックボールマウスユーザーの間で10年以上愛用されている定番商品「M570」 この後継機として大幅にアップデートされた「ERGO M575」が発売されました。 筆者は、普段ロジクールの「MX Any ...



ロジクール MX ERGO トラックボールマウス

商品名 ロジクール MX ERGO トラックボールマウス 読み取り方式 オプティカルトラッキング(光学式)
ボタン数 8 給電方法 Micro-USB
接続方式 Unifying-USB / Bluetooth バッテリー持ち時間 4ヶ月

マットな質感に仕上がったボディはハイエンドモデルらしい高級感があります。

Logicool MX ERGO MXTB1s 外観

 

標準的なマウスより、大きいサイズ感。
しかし、筐体の曲線設計のおかげで適度なフィット感があります。

Logicool MX ERGO MXTB1s 操作

 

マウス上部には、左右クリック、戻る/進むボタン、Easy-Switchボタン、スクロールホイール・ホイールモードシフトボタンがあります。

「Easy-Switch」ボタンで接続先のパソコンをワンタッチで切り替えることができます。

Logicool MX ERGO MXTB1s 上面

 

マウス前面の先端部分には充電用のMicro USB 端子を搭載。
MX ERGO」は、急速充電に対応しており、1分間の急速充電で約8時間使用可能になっています。

Logicool MX ERGO MXTB1s 前面

 

MX ERGO」は、底面の金属板を利用して、傾斜角度を変更することが可能です。

この20℃の傾斜によって、手の甲が外側に傾くことによって、余計な力が入りにくく、腕の疲労感の軽減に繋がります。

Logicool MX ERGO MXTB1s 傾斜角度比較


実機レビュー
ロジクール MX ERGO 実機レビュー トラックボールマウスのフラッグシップモデルの実力は?

「MX ERGO」 は、ロジクールのハイエンドモデル「MX」シリーズのトラックボールマウスです。 トラックボールマウスの定番商品である「M575」と比べると、ハイエンドモデルらしい細部のパーツへのこだ ...

ロジクール Pebble M350 ワイヤレスマウス

商品名 ロジクール M350 読み取り方式 オプティカルトラッキング(光学式)
ボタン数 3 給電方法 単三形乾電池 x 1
接続方式 USB Nanoレシーバー / Bluetooth バッテリー持ち時間 18ヶ月

ノートパソコンやタブレットと一緒に持ち運びんでもかさばらない薄型デザインの「M350」

静音タイプになっており、クリック音やスクロールホイールが静かなので、外出先でも周囲を気にせずに利用できます。

「Pebble」は、丸い小石という意味だそうです。
名前の通り、有機的で丸っこいデザイン。

ロジクール Pebble M350 全体イメージ

 

左右対象の設計になっているので、両利きで利用可能です。

ロジクール Pebble M350 上面

 

光沢感がないマットな質感になっており、落ち着いた雰囲気を与えます。

ロジクール Pebble M350 拡大

 

手前側に傾斜が付いています。

ロジクール Pebble M350 左側面

 

通常のマウスより幅広なラバースクロールホイールを搭載。
回転させるとカリカリとしたグリップ感があるホイールです。

ロジクール Pebble M350 スクロールホイール 拡大

 

底面には、電源スイッチ、光学センサー、ペアリングボタンを搭載。

ロジクール Pebble M350 底面

 

マウス上部のカバーは、マグネット仕様になっているので、力を入れずに脱着ができます。

ロジクール Pebble M350 カバーを開く

 

レシーバーの収納スペースがあるので、使用しない時の紛失の心配がありません。
単三電池1本で最長18ヶ月使用できます。

ロジクール Pebble M350 内部イメージ

 

重さは実測値で79gとなっており、持ち運びの負担になりません。

薄型なので、ガジェットポーチやノートパソコンのケースのポケットにも収納できるので、モバイル用途にピッタリです。

ロジクール Pebble M350 Bluetooth モバイルイメージ

 

M350は、5色のカラーバリエーションがあり、ノートパソコンやタブレットのカラーリングと合わせることができます。

グラファイト、ホワイトといったベーシックなカラー以外にも、グリーン、ブルー、ローズピンクといったカラーもソフトな色合いになっており、洗練された雰囲気を与えます。

ファッションアイテムの一部として持ち運びができるのも「Pebble M350」の特長です。

ロジクール Pebble M350 カラーバリエーション イメージ


実機レビュー
ロジクール Pebble M350 ワイヤレスマウス 実機レビュー【薄型・静音】

外出時にノートパソコンやタブレットでタッチパッドで細かい作業をしていると欲しくなるのがマウス。 僕も外出時にLightroomやPhotoshopでレタッチ作業をする時は、トラックパッドよりマウスの方 ...



ロジクール M590ワイヤレスマウス

商品名 ロジクール M590 読み取り方式 オプティカルトラッキング(光学式)
ボタン数 7 給電方法 単三形乾電池 x 1
接続方式 Unifying-USB / Bluetooth バッテリー持ち時間 24ヶ月

丸みを帯びたドーム型の形状でスタイリッシュなデザインが特徴的な「M590」

クリック音を約90%削減した静音クリックボタンを搭載しているので、静かな職場やカフェといった場所でも周囲を気にせずに利用できます。

親指の位置には、2つのボタンが搭載されており、初期状態で「戻る」「進む」が設定されています。

この2つのボタンは、ロジクールの専用ソフト「Logicool Options」でさまざまな操作を割り当てることができます。

単三形乾電池1本で24ヵ月使用できる省電力設計も魅力的です。


ロジクール M331 ワイヤレスマウス

商品名 ロジクール M331 読み取り方式 オプティカルトラッキング(光学式)
ボタン数 3 給電方法 単3形乾電池 x 1
接続方式 Unifying-USB / Bluetooth バッテリー持ち時間 24ヶ月

クリック音を90%以上軽減させるSilentTouchテクノロジーを搭載した「M331」

ロジクール独自のSilentTouchテクノロジーは、クリック音やスクロールホイールといったノイズを軽減できるので、静かなオフィス環境やカフェなどで使用しても周囲に迷惑がかかりません。

実売価格も1000円台後半とお手頃な価格ですが、機能性、快適性を追求したデザインは、ロジクールらしい堅実な仕上がりとなっています。

単三形乾電池1本で最長24ヶ月利用できるのもポイントです。



ロジクール M220 ワイヤレスマウス

商品名 ロジクール M220 読み取り方式 オプティカルトラッキング(光学式)
ボタン数 3 給電方法 単3形乾電池 x 1
接続方式 USBレシーバー バッテリー持ち時間 18ヶ月

正確な1行単位のスクロールが実現できる「M220」

右利き、左利きのユーザーに同様の快適な操作性を実現する左右対称の曲線デザインが特徴。

クリック音を90%以上カットするSilentTouchテクノロジーを搭載。

実売価格は1,000円台前半になので、ロジクールのマウスを試してみたい、コスパに優れたベーシックなマウスが欲しい方におすすめのモデルです。




ロジクールマウス Amazonセール情報


まとめ

ロジクール マウスの特長、おすすめモデルを紹介しました。

パソコンの操作に必須なマウスですが、スクロールやクリックといった一般的な機能だけではなく、「Mx master 3」に搭載されているサムホイールといった作業効率アップに直結する独自の機能を多く備えているのがロジクールマウスの特徴です。

デスクワークの疲労軽減に繋がる「ERGO」シリーズといったようにユーザーの用途に合わせたさまざまなマウスを販売しています。

また、最大3年の製品保証も安心して利用できるポイント。

利用用途に合わせて最適なロジクールのマウスを選んでみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ロジクール

ロジクール Pebble M350 ワイヤレスマウス 実機レビュー【薄型・静音】

2022/5/12  

外出時にノートパソコンやタブレットでタッチパッドで細かい作業をしていると欲しくなるのがマウス。 僕も外出時にLightroomやPhotoshopでレタッチ作業をする時は、トラックパッドよりマウスの方 ...

ロジクール

ロジクール M650 SIGNATURE ワイヤレスマウス 実機レビュー 【2022年新作・静音・高速スクロール】

2022/5/12  

2022年2月に発売されたロジクールマウスの新製品「Signature M650」 クリック音を90%低減した静音ボタンとスクロール速度を自動的に切り替えることができる「SMARTWHEELスクロール ...

ロジクール

ロジクール トラックボールマウス おすすめはどっち?「M575」と「MX ERGO」の比較レビュー

2022/5/12  

一度慣れると快適な操作性が得られるトラックボールマウス。 そんなトラックボールマウスの定番商品といえば、ロジクールの「M575」と「MX ERGO」 「ロジクールのトラックボールを使ってみたい」と購入 ...

ロジクール

ロジクール MX ERGO 実機レビュー トラックボールマウスのフラッグシップモデルの実力は?

2022/5/12  

「MX ERGO」 は、ロジクールのハイエンドモデル「MX」シリーズのトラックボールマウスです。 トラックボールマウスの定番商品である「M575」と比べると、ハイエンドモデルらしい細部のパーツへのこだ ...

ロジクール

ロジクール ERGO M575 実機レビュー 10年以上支持されるトラックボールの定番商品【M575GR・M575Sの違いも解説】

2022/5/18  

トラックボールマウスユーザーの間で10年以上愛用されている定番商品「M570」 この後継機として大幅にアップデートされた「ERGO M575」が発売されました。 筆者は、普段ロジクールの「MX Any ...

ロジクール

ロジクール MX Master 3 実機レビュー カスタマイズ性が高いハイエンドマウスの決定版!

2022/5/12  

ロジクールのフラグシップモデルの「MX Master3」 1秒間に1,000行の高速スクロールが実現できるMagSpeed電磁気スクロールホイールや親指で操作できるサムホイールなどハイエンドマウスにふ ...

ロジクール

ロジクール MX Anywhere 3 実機レビュー 軽量コンパクトなハイエンドマウス

2022/5/12  

ロジクール MX Anywhere 3は、ハイエンドマウスの「MX Master 3」の機能性を踏襲しながら、コンパクトに軽量化されたモデルです。 「MX Master 3」は、多機能で使いやすいので ...

© 2022 パソナビ