Lenovo (レノボ) Yoga Slim 750i Carbon 1Kg以下の軽量ノートパソコン 実機レビュー

Yoga Slim 750i Carbonは、13.3インチ液晶ディスプレイを搭載するモバイルノートパソコンとなっています。

本体重量が966gと軽量になっているので、持ち運びに便利です。

13.3インチの液晶ディスプレイは、16:10の画面比、2560×1600の高解像度のディスプレイを搭載。
一般的な16:9のディスプレイと比較すると、縦の情報量が多く表示できるので、ウェブサイトの閲覧、エクセル・ワードを利用したドキュメント作成も円滑に行うことができます。

ビジネスシーンやキャンパスライフのアクセントとなるホワイトカラーのスタイリッシュなデザイン、1Kgを切った圧倒的な軽さのモバイルノートパソコンでありながら、Intel 第11世代Coreプロセッサー搭載しているので、パフォーマンスも申し分ありません。

本記事ではレノボ様よりお借りした実機を利用してみて、デザイン、性能、使い心地などをレビューします。

本記事でレビューするYoga Slim 750i Carbonの基本スペック

液晶サイズ 13.3インチ CPU Core i5-1135G7
メモリ 8GB SSD 512GB
タップできる目次

Yoga Slim 750i Carbonスペック

CPU Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
メモリー 8GB
16GB
(オンボードのため、増設不可)
SSD 512GB
1TB
液晶サイズ 13.3インチ
解像度 2560 × 1600
グラフィックス Iris Xe Graphics
OS Windows 10 Home
Windows 10 Pro
幅 x 奥行き x 厚さ 295.9 × 208.9 × 14.25mm
重量 966g
バッテリー 約14時間
WEBカメラ HD 720p
顔認証カメラ 対応

Yoga Slim 750i Carbon の特徴

スタイリッシュなホワイトカラーのデザインと質感の高い筐体

Yoga Slim 750i Carbon イメージ

ホワイトカラーの美しい天板は、カーボンファイバー素材を使用しており、触れた瞬間に質感の高さが伝わってきます。

メタリックシルバーになっているロゴがさりげないアクセントになっています。

スタイリッシュなデザインは、オフィスだけではなく、キャンパスライフ、プライベートなど、どんなシーンにもマッチします。

 

1kg以下なので、持ち運びもラクラク

Yoga Slim 750i Carbon イメージ

13.3インチのモバイルノートパソコンの重量は1.2Kg前後のモデルが多いのですが、1kgを切った996gの筐体は、想像以上に軽く、薄さも相まって、数値以上の軽さを感じます。

持ち運びの機会が多いビジネスマンや学生の方にとって、ノートパソコンの重さは、重要なポイントになるので、この軽さは非常に魅力的です。

 

ビジネスもクリエイティブも快適に 第11世代 Coreシリーズを搭載

Yoga Slim 750i Carbon イメージ

Yoga Slim 750i Carbonは、インテル® Evo™ プラットフォーム準拠した第11世代 Coreシリーズが搭載されています。

インテル® Evo™ プラットフォームに準拠したノートパソコンは、複数のアプリケーションの同時実行や負荷の高い処理など実際のユーザー利用を想定したテストや設計を行っています。

エクセルやワードといったビジネス用途、インターネットや動画閲覧と行った日常使いもサクサクとこなすことができます。

また、sRGB 100%の色域が広いディスプレイも搭載しているので、PhotoshopやLightroomと行った写真加工や画像制作などのクリエイティブワークにも活用できます。

 

デザインと使い心地

外観について

Yoga Slim 750i Carbon 外観

筐体は軽いだけではなく、薄型の設計になっています。
ホワイトカラーなので、指紋やホコリも目立ちません。

 

Yoga Slim 750i Carbon 外観

細めのフォントロゴ「YOGA」と「Lenovo」タグロゴのスッキリとしたデザインに仕上がっています。

 

Yoga Slim 750i Carbon リフトアップ

液晶ディスプレイは、ほぼ180度開きます。

 

Yoga Slim 750i Carbon タッチパッドサイズ

タッチパッドの横幅は10.5cmあり、標準的なサイズです。
タッチパッドの操作感は浅めになっており、少し強めに押したほうが良いでしょう。

 

Yoga Slim 750i Carbon 上面

本体サイズは、幅 295.9mm×奥行き208.9mmとなっており、A4ノートと同等の大きさになっています。

 

Yoga Slim 750i Carbon 底面

背面はマグネシウムアルミニウム合金が使用されています。

 

Yoga Slim 750i Carbon 側面

厚さは、最厚部で実測15.4mmです。

 

Yoga Slim 750i Carbon 前面

前面

 

Yoga Slim 750i Carbon 背面

背面

 

Yoga Slim 750i Carbon 液晶オープン

ディスプレイはほぼ180度開きます。

 

Yoga Slim 750i Carbon 重量

重さは公称値で最小966gですが、実測では964gになっています。
公称値より若干軽めになっています。

 

Yoga Slim 750i Carbon 電源アダプター重量

電源アダプターは65Wタイプとなっており、重さは179gです。
本体と合わせても1.1kg程度で、サイズもコンパクトに仕上がっています。

 

ディスプレイについて

ディスプレイのサイズは13.3インチで解像度は2,560×1,600(アスペクト比16:10)です。

初期設定では、スケーリング(拡大縮小とレイアウト)が200%と設定されているのですが、文字はドット感がなく、写真も精細に表示されます。

スケーリングの設定を下げることにより、より広い作業領域を確保できます。

Yoga Slim 750i Carbon ディスプレイ マルチタスクイメージ

スケーリング設定:100%で2つのブラウザを起動したイメージです。
文字は小さくなりますが、マルチタスク処理も効率的に行える作業領域が確保できます。

 

Yoga Slim 750i Carbon ディスプレイ 写真イメージ

ノングレア液晶になっており、鮮やかな発色ではありませんが、文字、写真ともに精細に表示される見やすいディスプレイです。

色域はsRGB 100%をカバーしているので、クリエイティブワークにも活用できます。
輝度は、公称値で300nitになっており、十分な明るさとなっています。

 

キーボードについて

Yoga Slim 750i Carbon キーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列になっています。

キーピッチは、19mmで標準サイズ、キーストロークは実測で1mm。
ノートパソコンの標準値(約1.5mm)と、比較すると、かなり浅めのキーストロークになっています。

打鍵感はあまりありませんが、軽めのタッチで入力する方は問題ありません。

 

Yoga Slim 750i Carbon キーボード拡大

エンターキーの周辺が少し窮屈になっており、慣れるまで違和感があるかもしれません。

 

Yoga Slim 750i Carbon バックライト

バックライトに対応していますので、暗い場所での作業も問題ありません。

バックライトは周りの明るさで自動調整ができるオートモードもしくは2段階の明るさから調整可能です。

インターフェース / 機能について

Yoga Slim 750i Carbon インターフェイス (右側面)

右側面 USB-C、ヘッドホン・コンボ・ジャック、電源ボタン
電源ボタンが側面にあるので、押しにくいです。

 

Yoga Slim 750i Carbon インターフェイス (左側面)

左側面 USB-C × 2 (Thunderbolt4対応)

 

Yoga Slim 750i Carbon カメラ

Webカメラは、720pのIRカメラも搭載しています。
IRカメラを利用した顔認証によるログインも可能です。

 

Yoga Slim 750i Carbon スピーカー

スピーカーは底面に配置されています。
音の解像感は高めでなので、オンラインミーティングや動画閲覧は問題ありません。

USB-C(PD)による充電テスト

Type-CはUSB PD対応で充電は可能ですが、検証した充電器では20W、30Wで低速充電のアラートが表示されました。
45W以上のPD充電器をおすすめします。

USB-PD 20W Anker PowerPort III Nano 20W
USB-PD 30W Anker PowerPort III mini
USB-PD 45W Anker PowerPort III 45W
USB-PD 65W Anker PowerPort III 65W
USB-PD 100W MATECH Sonicharge 100W PD

ベンチマーク結果

総合性能

PCMark 10

用途 スコア
Essentials (一般的な利用) 目標値
4100
スコア
9117
Productivity (ビジネス利用) 目標値
4500
スコア
5443
Digital Contents Creation (コンテンツ制作) 目標値
3450
スコア
4129

パソコン利用時の快適性を用途別に計測する PCMARK 10 では、全ての用途別において、目標値をクリアしています。

ネットサーフィンやYoutubeなどの動画閲覧からZoom、エクセルといったビジネス用途まで快適に利用できます。

色域の広いディスプレイを搭載しているので、PhotoshopやLightroomといったクリエイティブ用途にもおすすめです。
フルHDサイズの動画編集も十分対応可能なスペックです。

CPU性能

CINEBENCH R23

Yoga Slim 750i Carbon CINEBENCH R23

Yoga Slim 750i Carbon のCPUには第11世代のCoreプロセッサー( Core i5-1135G7 / Core i7-1165G7)を搭載しています。

今回のレビュー機のCPUは、「Core i5-1135G7」を搭載しています。

CPU性能を測る「CINEBENCH R23」で3,100以上あり、一般的なビジネス用途のユーザーであれば、十分な性能を持っています。

GPU性能

3DMark

ノートパソコン、タブレット向けのグラフィック性能を測定するベンチマークソフト「3DMark」の「Night Raid」モードでは、11,000以上となっており、ノートパソコンの中でも高いグラフィックス性能があります。

今回のレビュー機は、8GB(LPDDR4X-4266)のデュアルチャネル仕様なので、シングルチャネルより大幅に向上します。

しかし、本格的な3Dゲームは厳しいので、ゲームを快適に楽しみたい場合は、ゲーミングノートPCの購入を検討しましょう。

ストレージのアクセス速度

PCIe-NVMe SSDを搭載しており、読み込み速度は高速です。

Crystal Disk Mark

Yoga Slim 750i Carbon Crystal Disk Mark

ゲーム環境ベンチマーク

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (中量級 / DX11)

少し重めのFF14では、高品質で「快適」、標準品質で「とても快適」でした。

Yoga Slim 750i Carbon FF14ベンチマーク結果(標準品質)
Yoga Slim 750i Carbon FF14ベンチマーク結果(高品質)

 

ドラクエXベンチ (超軽量級 / DX9)

動作が軽いドラクエ10では標準画質で「すごく快適」最高品質で「とても快適」でした。

Yoga Slim 750i Carbon ドラクエXベンチマーク結果(標準品質)
Yoga Slim 750i Carbon ドラクエXベンチマーク結果(最高品質)

まとめ

1kg以下の薄型軽量のモバイルノートパソコンでありながら、13.3インチのノートパソコンの中では数少ない2560×1600の高解像度の液晶ディスプレイを搭載しています。

インテル® Evo™ プラットフォーム準拠した第11世代Core i シリーズを搭載しており、性能も申し分ありません。

エクセルやワードを利用したドキュメント作成やインターネットや動画閲覧といった日常レベルのパソコン作業はサクサクとこなせます。

美しいホワイトカラーの筐体は、カーボン素材やマグネシム素材を使用しており、堅牢性も高い設計になっています。

気になったのは、キーボードの一部キーの窮屈さ、軽めのキータッチ、USB Type-cだけの外部接続端子のバリエーションの少なさです。

外部インターフェースの省略は、薄型軽量を実現するための犠牲になっていると考えますが、ビジネス用途の場合、HDMIアダプターを介さずに、外部ディスプレイやプロジェクターに直接接続することができれば、さらに快適に利用できるでしょう。

本機は、モバイル性、デザイン性も妥協したくない方にとって有力な候補になるでしょう。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次