hp

HP Pavilion Aero 13-be 驚きの軽さ!約957gの軽量ボディのノートパソコン 実機レビュー【Ryzen 5 5600U / Ryzen 7 5800U 比較】

2021年10月1日 

「HP Pavilion Aero 13-be」は、13.3インチ液晶ディスプレイを搭載するモバイルノートパソコンです。

本体重量が957gと軽量になっているので、サッと外出先に持ち運んで、いつでもどこでも作業できます。

13.3インチの液晶ディスプレイは、16:10の画面比、解像度は1920 x 1200となっており、一般的なFHDサイズ(1920 x 1080)よりも縦の情報量が多く表示できます。

ウェブサイトの閲覧やエクセル・ワードを利用したビジネス用途の作業も円滑に行うことができます。

1Kgを切るモバイルノートパソコンでありながら、最新のZen 3アーキテクチャのRyzen 5000 シリーズを搭載しているので、パフォーマンスも優れています。

本記事では購入した実機を利用してみて、デザイン、性能、使い心地などをレビューします。

本記事でレビューする HP Pavilion Aero 13-be の基本スペック

液晶サイズ 13.3インチ CPU Ryzen 5 5600U
Ryzen 7 5800U
メモリ 16GB SSD 512GB

HP Pavilion Aero 13-be スペック

CPU Ryzen 5 5600U
Ryzen 7 5800U
メモリー 8GB
16GB
(オンボードのため、増設不可)
SSD 256GB
512GB
液晶サイズ 13.3インチ
解像度 1920 × 1200
グラフィックス AMD Radeon グラフィックス
OS Windows 10 Home
Windows 10 Pro
幅 x 奥行き x 厚さ 約298 × 約209 × 約16.9mm
重量 約957g
バッテリー 最大10時間30分
WEBカメラ HD 720p
顔認証カメラ 非対応

HP Pavilion Aero 13-be の特徴

スタイリッシュなホワイトカラーと質感の高い筐体

HP Pavilion Aero 13-be 正面イメージ

ホワイトカラーの美しい天板は、鏡面加工されたロゴがアクセントになっています。

天板の素材はマグネシウム合金を使用しており、質感の高い仕上がりとなっています。
AED(アニオン電着塗装)が施されており、サラッとした質感は美しい陶器のようです。

スタイリッシュなデザインは、オフィスだけではなく、キャンパスライフ、プライベートなど、どんなシーンにもマッチします。

 

片手でも楽々持ち上げることができる1kg以下の軽量ボディ

HP Pavilion Aero 13-be 片手で持つ

「HP Pavilion Aero 13-be」を初めて手に取った時に感じたことは、驚くほど軽いということでした。

13.3インチのモバイルノートパソコンの重量は1.2Kg前後のモデルが多いですが、1kgを切った954gの筐体は、片手で楽々持ち上げることができます。

持ち運びの機会が多いビジネスマンや学生の方にとって、ノートパソコンの重さは、重要なポイントになるので、この軽さは非常に魅力的です。

 

最新のAMD第4世代のRyzen 5000 シリーズを搭載

HP Pavilion Aero 13-be 搭載CPUラベル

「HP Pavilion Aero 13-be」は、最新のAMD第4世代のRyzenシリーズのCPUが搭載されています。

AMD Ryzen 5000シリーズは、旧世代のZen 2と最新のZen 3が混在していますが「HP Pavilion Aero 13-be」は、新アーテクチャの「Zen 3」のプロセッサーが搭載されています。
Zen 3シリーズは、旧世代のZen 2シリーズと比較すると、シングルコア性能がアップしています。

色域が広いディスプレイも搭載しているので、PhotoshopやLightroomと行った写真加工や画像制作などのクリエイティブワークにも活用できます。

デザインと使い心地

外観について

HP Pavilion Aero 13-be 外観

鏡面仕上げになっているロゴが中央に配置されたシンプルなデザインです。
天板は、ホワイトカラーのマグネシウム合金で仕上がっています。
ホワイトの筐体は、指紋やホコリが目立ちにくいメリットもあります。

 

HP Pavilion Aero 13-be カラーバリエーション

カラーバリエーションは、清潔感のある「セラミックホワイト」と淡いカラーリングに仕上がった「ピンクベージュ」の2色があります。
個性的なカラーリングのピンクベージュですが、ソフトな色合いのためビジネスシーンでも浮いた印象は与えないでしょう。

 

HP Pavilion Aero 13-be を開く

液晶ディスプレイを最大に開いた状態です。

 

HP Pavilion Aero 13-be タッチパッドサイズ

タッチパッドの横幅は11.5cmあり、一般的なサイズ。
タッチパッドの操作感は、クリックを少し強めに行わないと反応しない感覚があります。
タイピング時にタッチパッドに触れても、誤動作も起こらないので、快適に操作できます。

 

HP Pavilion Aero 13-be 上面

本体サイズは、幅 298mm×奥行き209mmとなっており、A4ノートと同等の大きさになっています。

 

HP Pavilion Aero 13-be 底面

背面にはマグネシウム合金が使用されています。

 

HP Pavilion Aero 13-be 側面

厚さは、最厚部で実測16.9mmです。

 

HP Pavilion Aero 13-be 前面

前面

 

HP Pavilion Aero 13-be 背面

背面

 

HP Pavilion Aero 13-be 重量

重さは公称値で約957gですが、実測値は、若干重い976gになっています。

 

HP Pavilion Aero 13-be アダプター重量

電源アダプターは65Wタイプとなっており、重さは292gです。
本体は薄型軽量ですが、ACアダプターが大きく、電源ケーブルが太いので、持ち運ぶ時にはかさばります。

 

ディスプレイについて

ディスプレイのサイズは13.3インチ、解像度は1,920×1,200(アスペクト比16:10)です。

フルHD(1,920×1,080)より縦の解像度が高いため、ウェブサイトの閲覧やコードエディターを使用した時に情報量を多く表示できます。

初期設定では、スケーリング(拡大縮小とレイアウト)が150%に設定されていますが、文字はドット感がなく、写真も精細に表示されます。

スケーリングの設定を下げることにより、より広い作業領域を確保できます。

HP Pavilion Aero 13-be ディスプレイ

ノングレア液晶で光沢がなく、目が疲れにくい自然な発色
文字、写真ともに精細に表示される見やすいディスプレイです。

色域はsRGB 99.6%をカバーしているので、写真編集やデザインといったクリエイティブワークにも活用できます。

輝度は、公称値で400nitになっており、十分な明るさとなっています。

RGB発色特性・色域

トーンカーブは、若干「赤」が弱めになっていますが、どの色も直線的になっており素直な発色。

sRGBカバー率 99.6%
Adobe RGBカバー率 77.6%
DCI-P3カバー率 75.7%

※キャリブレーションツール「i1Display Pro」で計測

色域はsRGB 99.6%をカバーしているので、ビジネス用途、ウェブデザインなども十分に対応できます。

輝度は、実測値で470nitになっており、非常に明るくなっています。

 

キーボードについて

HP Pavilion Aero 13-be キーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列になっています。

キーピッチは、約18.6mmで標準サイズ、キーストロークは実測で1.3mm。

ノートパソコンのキーストローク標準値の約1.5mmよりも、若干浅めになっていますが、打鍵感をしっかりと感じることができるので、タイピングも快適に行なえます。

 

HP Pavilion Aero 13-be キーボード拡大

「Enter」キーや「Backspace」キーが端にない独自のキー配列になります。

使用する頻度が高いキーが特殊な配列になっていますが、実際にタイピングしてみると、筆者はあまり違和感を感じませんでした。

個人差はあるかもしれませんが、ホームポジションを意識して入力することができれば、問題ないと感じます。

 

矢印キーの下に指紋認証センサーが搭載。
認証精度や反応も良好です。

 

HP Pavilion Aero 13-be バックライト

バックライトに対応していますので、暗い場所での作業も問題ありません。
バックライトは、2段階の明るさから調整可能です。

インターフェース / 機能について

HP Pavilion Aero 13-be 右側面 拡大

右側面 USB-Type-A、電源コネクタ

 

HP Pavilion Aero 13-be 左側面 拡大

左側面 USB-Type-A、 USB Type-C(Power Delivery、DisplayPort対応)

 

左側面の手前側 ヘッドフォン/マイクポート

HP Pavilion Aero 13-be カメラ

Webカメラは、720pカメラを搭載しています。
カメラシャッター、IRカメラには非対応です。

 

HP Pavilion Aero 13-be スピーカー

B&O Playデュアルスピーカーが底面に配置されています。
音の解像感は高めでなので、オンラインミーティングだけではなく、音楽鑑賞、動画閲覧も問題ありません。

USB-C(PD)による充電テスト

Type-CはUSB PD対応で充電は可能ですが、検証した充電器では20Wタイプでは充電できませんでした。
30W以上のPD充電器をおすすめします。

USB-PD 20W X Anker PowerPort III Nano 20W
USB-PD 30W Anker PowerPort III mini
USB-PD 45W Anker PowerPort III 45W
USB-PD 65W Anker PowerPort III 65W
USB-PD 100W MATECH Sonicharge 100W PD

ベンチマーク結果

「HP Pavilion Aero 13-be」の CPU・GPU・ストレージなどの総合的なパフォーマンスを評価します。

本記事でレビューする HP Pavilion Aero 13-be の基本スペック

液晶サイズ 13.3インチ CPU Ryzen 5 5600U
Ryzen 7 5800U
メモリ 16GB SSD 512GB

※ベンチマーク結果はパーツ構成や室温環境、個体差などにより、結果が変わることがあります。
予めご了承ください。

総合性能

PCMark 10

用途 スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値
4100
スコア Ryzen 5 5600U
9173
Ryzen 7 5800U
9407
Productivity
(ビジネス利用)
目標値
4500
スコア Ryzen 5 5600U
9120
Ryzen 7 5800U
9321
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値
3450
スコア Ryzen 5 5600U
5040
Ryzen 7 5800U
5488

パソコン利用時の快適性を用途別に計測する PCMARK 10 では、全ての用途別において、目標値をクリアしています。

ネットサーフィンやYoutubeなどの動画閲覧からZoom、エクセルといったプライベートからビジネスまで幅広い用途で快適に利用できます。

「Ryzen 7 5800U」 を搭載しているモデルは、現在、発売されているモバイルノートパソコンの中でも突出したパフォーマンスを誇っており、PhotoshopやLightroomといったクリエイティブ用途にも活用できます。

4Kの動画編集は厳しいですが、フルHDサイズの動画編集であれば、十分対応可能なスペックです。

CPU性能

CINEBENCH R23

Ryzen 5 5600U Ryzen 7 5800U
HP Pavilion Aero 13-be CINEBENCH R23

「HP Pavilion Aero 13-be」のCPUにはAMD 第4世代のRyzenプロセッサー( Ryzen 5 5600U / Ryzen 7 5800U)を搭載しています。

CPU性能を測る「CINEBENCH R23」の「Multi Core」スコアは「Ryzen 5 5600U」で6,200以上、「Ryzen 7 5800U」で7,500以上あり、Office作業やインターネット閲覧といった一般的な利用用途のユーザーであれば、十分すぎる性能を持っています。

第4世代 Ryzenの特徴は、第3世代 Ryzenと比較すると、CPU1コアあたりの性能を示す「Single Core」のスコアが110%以上アップしている部分です。

シングルコアの性能アップは、PhotoshopやLightroomといったクリエイティブソフトのパフォーマンスに直結しやすいので、より汎用性の高いCPUへ進化したと言えるでしょう。

GPU性能

3DMark

HP Pavilion Aero 13-be 3Dmark NIGHT RAID

Ryzen 5 5600U Ryzen 7 5800U
HP Pavilion Aero 13-be 3Dmark NIGHT RAID(Ryzen 5 5600U) HP Pavilion Aero 13-be 3Dmark NIGHT RAID(Ryzen 7 5800U)

ノートパソコン、タブレット向けのグラフィック性能を測定するベンチマークソフト「3DMark」の「Night Raid」モードでは、Ryzen 5 5600U」で11,000以上、「Ryzen 7 5800U」で13,000以上となっており、ノートパソコンの中でも高いグラフィックス性能があります。

今回のレビュー機は、16GBのデュアルチャネル仕様なので、シングルチャネルより大幅に向上します。

しかし、本格的な3Dゲームは厳しいので、ゲームを快適に楽しみたい場合は、ゲーミングノートPCの購入を検討しましょう。

ストレージのアクセス速度

PCIe-NVMe SSDを搭載しており、読み込み速度は高速です。

Crystal Disk Mark

HP Pavilion Aero 13-be Crystal Disk Mark

ゲーム環境ベンチマーク

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (中量級 / DX11)

Ryzen 5 5600U Ryzen 7 5800U
HP Pavilion Aero 13-be FF14ベンチマーク結果(標準品質)
標準品質:普通HP Pavilion Aero 13-be FF14ベンチマーク結果(高品質)
高品質:設定変更を推薦
HP Pavilion Aero 13-be FF14ベンチマーク結果(標準品質)
標準品質:普通HP Pavilion Aero 13-be FF14ベンチマーク結果(高品質)
高品質:設定変更を推薦

ドラクエXベンチ (超軽量級 / DX9)

Ryzen 5 5600U Ryzen 7 5800U
HP Pavilion Aero 13-be ドラクエXベンチマーク結果(標準品質)
標準品質:すごく快適
最高品質:とても快適
HP Pavilion Aero 13-be ドラクエXベンチマーク結果(標準品質)
標準品質:すごく快適HP Pavilion Aero 13-be ドラクエXベンチマーク結果(最高品質)
最高品質:とても快適

まとめ

良かった点
気になった点
  • 1kg以下の軽量ボディ
  • 最新のRyzenプロセッサを搭載
  • コストパフォーマンスが高い
  • 清潔感があるホワイトカラー
  • ビジネス用途に便利なHDMI端子搭載
  • Enterキーが端にないキー配列
  • ACアダプタが大きい

1kg以下の薄型軽量のモバイルノートパソコンでありながら、9万円台から購入できる圧倒的なコストパフォーマンスを実現している「HP Pavilion Aero 13-be」

美しいホワイトカラーの筐体は、マグネシム合金を使用しており、堅牢性の高い設計になっているので、落ち運びの時も安心です。

これだけの軽量のノートパソコンでありながら、HDMI端子が搭載されている点です。

外出先でHDMIでプロジェクターや外部ディスプレイに接続する場合、アダプター無しで接続できるのは、利便性が高いです。

気になった点は「Enter」「Backspace」キーが端にないHP独自のキーボード配列です。

個人的な感想になりますが、ホームポジションを意識したタイピングができる方であれば、すぐに慣れると思います。

付属のACアダプターが、本体のサイズ感と比較すると、大きな設計になっているのが惜しいなと感じました。
ただし、PDでの充電に対応しているので、持ち運びの機会が多い方は、USB TYPE-C PD対応充電器の購入をおすすめします。

モバイルノートパソコンでありながら、高い性能を誇る最新のAMD Ryzenシリーズを搭載する「HP Pavilion Aero 13-be」

エクセルやワードを利用するビジネスマンや色域の広いディスプレイを活用したクリエイティブ作業まで、どんな用途でも十分活躍してくれる1台となるでしょう。

関連記事
【2022年1月】HP(ヒューレット・パッカード) ノートパソコン おすすめ機種&セール情報

タップできる目次1 HP(ヒューレット ・ パッカード)の特徴2 HP(ヒューレット ・ パッカード)のラインナップ2.1 HP シリーズ2.2 Pavilion シリーズ2.3 ENVY シリーズ2 ...

続きを見る

-hp

© 2022 パソナビ|パソコン・デジタルガジェットのレビューサイト