Dell (デル) XPS 13 9310 一切の妥協を許さないプレミアムノートパソコン 実機レビュー

ビジネスに、プライベートに、日々のパートナーとなるノートPC。

毎日使用するツールだけに、スペックだけではなく、デザイン性や使い勝手にもこだわりたい。

このようなニーズに応えるのが、今回紹介する「XPS 13 9310」

処理性能はもちろん、プレミアムノートにふさわしいデザイン性、機能性を兼ね備えています。

「XPS 13 9310」は、最新の第11世代インテル Core プロセッサーや4辺フレームレスの13.4インチ液晶ディスプレイを搭載するモバイルノートパソコンです。

本記事ではメーカー様よりお借りした実機を利用してみて、デザイン、性能、使い心地などをレビューします。

本記事でレビューする XPS 13 9310 の基本スペック

液晶サイズ 13.4インチ・UHD+ (3840 x 2400) CPU Core i7-1165G7
メモリ 16GB SSD 1TB

現在販売中のモデルはCPUに「Core i7-1185G7」「Core i7-1195G7」の2種類が搭載されています。
レビュー機に搭載されている「Core i7-1165G7」と比較すると、動作周波数が上回りますが、パフォーマンスは、ほぼ同等となります。

タップできる目次

最大26%OFF!デル公式サイトセール開催中!

Dell公式サイトで最新ノートパソコンが最大26%OFF!

人気のInspironシリーズも20%OFFで購入できます。

最短当日出荷!即納モデル

Dellでノートパソコンを購入する場合、最短で当日中に発送される即納モデルか納期に2週間前後かかるカスタマイズモデルを購入する2種類があります。

即納品には、人気のInspironシリーズやハイエンドモデルのXPSシリーズなど多数のモデルが用意されています。
ノートパソコンがすぐに欲しい方におすすめです!

以下より即納品モデルの一覧が確認できます。

XPS 13 9310 スペック

CPU第11世代 インテル Core i7-1165G7
第11世代 インテル Core i7-1185G7
第11世代 インテル Core i7-1195G7
メモリー16GB
32GB
(オンボードのため、増設不可)
SSD512GB
1TB
液晶サイズ13.4インチ
解像度1920 × 1200
3840 × 2400
3456 × 2160(有機EL)
グラフィックスインテル Iris Xe グラフィックス
OSWindows 10 Home
Windows 10 Pro
幅 x 奥行き x 厚さ約295.7 × 約198.7 × 約14.8mm
重量約1.2Kg(タッチ非対応)、約1.27Kg(タッチ対応)
バッテリー52Wh
WEBカメラHD 720p
顔認証カメラ対応

XPS 13 9310 の特徴

細部までこだわりを感じるアルミニウム削り出しボディ

質感の高さが伝わってくる筐体は、高精度のコンピューター数値制御(CNC)で削り出したアルミニウム製。

光が上品に反射される天板は、どの角度から見ても美しく、まさに「機能美」を体現したスタイリッシュなデザインです。

鏡面加工したエッジ部分は、プレミアムモデルにふさわしい高級感のある仕上がりになっています。

接触が多いエッジ部分には、アルマイト加工による皮膜処理を行っているので、傷が付きにくくなっています。

没入感を高める4辺フレームレスディスプレイ

近年、ベゼル幅が狭いディスプレイを搭載したノートパソコンが発売されていますが、ほとんどのモデルは上と左右のベゼル幅が狭くなっているだけで、下辺のベゼルまで狭いモデルは、あまりありません。

しかし、本機は上下左右のすべてのベゼル幅が狭い4辺フレームレスディスプレイを採用

13.4インチサイズのコンパクトなボディサイズを実現しながら、一般的なノートパソコンに採用される16:9より縦に広い16:10のアスペクト比になっています。

ベゼル幅が狭い筐体のデザインはスタイリッシュな印象だけではなく、画面への没入感も高くなるので、作業に集中しやすくなるメリットもあります。

「第11世代インテル Core i7」で高い処理性能を実現

「XPS 13 9310」は、最新の「第11世代インテル Core i7」シリーズを搭載。

インテルが提唱する次世代のノートパソコンに求められる良質な機能や使い心地を保証する「インテル Evo プラットフォーム」認証も取得しています。

また、本機は色域が広いディスプレイも搭載しているので、PhotoshopやLightroomと行った写真加工や画像制作などのクリエイティブワークにも活用できます。

デザインと使い心地

外観について

継ぎ目の無いシームレスなボディは美しいだけではなく、剛性が高いのもポイント。
天板中央に配置されたロゴはステンレス製になっており、控えめでありながら、ほどよいアクセントなっています。

本体サイズは、 約295.7mm × 約198.7mmとなっており、コンパクトなサイズです。

背面にはスピーカーと吸気口が配置されています。

厚さは、最厚部で実測14.8mm

前面

背面

重さは公称値で約1.27kgですが、実測値は、若干軽い約1.26kgになっています。

電源アダプターの接続端子はUSB Type-Cの45Wタイプとなっており、重さは229gです。

ACアダプタはコンパクトなっていますが、電源ケーブルが太いので、持ち運ぶ時に少しかさばるのが残念です。

ディスプレイについて

ディスプレイのサイズは13.4インチ、解像度は3840 × 2,400(アスペクト比16:10)

一般的なノートパソコンに採用される16:9のアスペクト比のディスプレイより、縦の解像度が高いため、ウェブサイトの閲覧やコードエディターを使用した時に情報量を多く表示できるメリットがあります。

スケーリング(拡大縮小とレイアウト)が300%に推奨されていますが、かなり大きく表示されますので、
スケーリングを下げた方が、より広い作業領域を確保できます。

レビュー機のUHD+ディスプレイ搭載モデルは、光沢パネルになっており、色鮮やかでコントラストが高く、画像のディテールがしっかり表現されています。

光沢パネルは、照明などが反射しやすいというデメリットがありますが、本機のパネルは低反射タイプを採用しており、通常の光沢パネルよりも反射が抑えられていると感じました。

トーンカーブ・色域

トーンカーブは、どの色も理想的な45°の角度になっており、素直な発色

sRGBカバー率100%
Adobe RGBカバー率82.4%
DCI-P3カバー率86.2%

※キャリブレーションツール「i1Display Pro」で計測

色域はsRGB 100%をカバーしているので、写真編集や動画編集といったクリエイティブワークにも活用できます。

輝度は実測値で487nitになっており、非常に明るいディスプレイです。

ディスプレイは、タッチ操作にも対応しています。

タブレット端末のように直感的に操作することもできます。

キーボードについて

キーボードはテンキーなしの日本語配列。

キーピッチは、約19mmでフルサイズと同様のキーピッチを確保しています。
キーストロークは実測値で1.3mm

ノートパソコンのキーストローク標準値の約1.5mmよりも、若干浅めになっていますが、反発感もしっかりあるので、打鍵感をしっかりと感じることができます。

キー配列に癖がなく、フルサイズのキーボードを利用している感覚でタイピングができます。

頻繁に利用するEnterキーも大きく配置

キーボードの右上に電源ボタンが配置。

この電源ボタンは、指紋認証センサーが搭載されているので、スリープ時に電源ボタンに触れると、パスワード入力なしでログインできます。

タッチパッドの横幅は11.4cmあり、一般的なサイズです。
タッチパッドは、サラサラとした質感で滑りがよく、ポインタ、クリック感ともに反応もよく、ストレスなく操作ができます。

キーボードは、バックライトに対応。
暗い場所での作業も問題ありません。
バックライトは、2段階の明るさから調整可能です。

インターフェース / 機能について

右側面:Thunderbolt 4(DisplayPort/電源供給)、 3.5 mmヘッドホン/マイクロフォンコンボジャック

左側面:Thunderbolt 4 (DisplayPort/電源供給)、microSDカードリーダー

Type-C/Type-A変換アダプタが付属。
このアダプタを利用すると、USB Type-Aで接続するデバイスが利用できます。

インターフェースが少ないので、外部ディスプレイへの出力やSDカードを利用する時には、USB-Cハブを利用すると便利です。

Webカメラは、720pカメラを搭載。
顔認証に対応しています。

スピーカーは、底面両サイドに配置。
最大音量にすると、ノートパソコンとは思えないほどの大音量で出力できます。
音質も良いので、音楽鑑賞、動画閲覧といったエンターテイメントも楽しむことができます。

USB-C(PD)による充電テスト

Type-CはUSB PD対応で充電は可能ですが、検証した充電器では20Wタイプでは充電不可、30Wタイプでは、充電は可能ですが、低速充電の警告が表示されました。
45W以上のPD充電器をおすすめします。

USB-PD 20WXAnker PowerPort III Nano 20W
USB-PD 30WAnker PowerPort III mini
USB-PD 45WAnker PowerPort III 45W
USB-PD 65WAnker PowerPort III 65W
USB-PD 100WMATECH Sonicharge 100W PD

ベンチマーク結果

XPS 13 (9310) の CPU・GPU・ストレージなどの総合的なパフォーマンスを評価します。

本記事でレビューする XPS 13 9310 の基本スペック

液晶サイズ13.4インチ・UHD+ (3840 x 2400)CPUCore i7-1165G7
メモリ16GBSSD1TB

メモ

現在販売中のモデルはCPUに「Core i7-1185G7」「Core i7-1195G7」の2種類が搭載されています。
レビュー機に搭載されている「Core i7-1165G7」と比較すると、動作周波数が上回りますが、パフォーマンスは、ほぼ同等となります。

※ベンチマーク結果はパーツ構成や室温環境、個体差などにより、結果が変わることがあります。
予めご了承ください。

総合性能

PCMark 10

用途 スコア
Essentials (一般的な利用) 目標値
4100
スコア
9102
Productivity (ビジネス利用) 目標値
4500
スコア
6568
Digital Contents Creation (コンテンツ制作) 目標値
3450
スコア
4973

パソコン利用時の快適性を用途別に計測する PCMARK 10 では、全ての用途別において、目標値をクリアしています。

一般用途のネットサーフィンやYoutube動画、エクセルやパワーポイントといったアプリケーションは快適に利用できます。

処理性能が高い第11世代Core i プロセッサー、sRGBカバー率が100%の色域の広いディスプレイを搭載しているので、PhotoshopやLightroomといったクリエイティブ用途にもおすすめです。

4Kの動画編集は厳しいですが、フルHDサイズの動画編集であれば、十分対応可能なスペックです。

CPU性能

CINEBENCH R23

「XPS 13 9310」のCPUには第11世代 インテル Corei i7 プロセッサー( Core i7 1165G7 / Core i7 1185G7 / Core i7 1195G7)を搭載できます。

レビュー機のCPUは「Core i7 1165G7」を搭載。

CPU性能を測る「CINEBENCH R23」の「Multi Core」スコアは4,300以上あり、オフィスやインターネット閲覧といった一般的な利用用途のユーザーであれば、十分すぎる性能を持っています。

シングルコアの性能も高いので、PhotoshopやLightroomといったクリエイティブソフトも快適に利用できます。

GPU性能

3DMark

ノートパソコン、タブレット向けのグラフィック性能を測定するベンチマークソフト「3DMark」の「Night Raid」モードでは、11,000以上となっており、ノートパソコンの中でも高いグラフィックス性能があります。

今回のレビュー機は、内蔵GPUの性能に大きく影響するメモリの仕様がクアッドチャネルとなっています。

しかし、本格的な3Dゲームは厳しいので、ゲームを快適に楽しみたい場合は、ゲーミングノートPCの購入を検討しましょう。

ストレージのアクセス速度

PCIe-NVMe SSDを搭載しており、読み込み速度は高速です。

Crystal Disk Mark

ゲーム環境ベンチマーク

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ(中量級 / DX11)

少し重めのFF14では、標準品質で「普通」、最高品質で「普通」でした。

ドラクエXベンチ (超軽量級 / DX9)

動作が軽いドラクエ10では標準画質で「すごく快適」、最高品質で「すごく快適」でした。

まとめ

「XPS 13 9310」は、性能、デザイン共にプレミアムノートパソコンと呼ぶにふさわしい上質なモデルとなっています。

第11世代インテルCoreプロセッサーを搭載、高い没入感とスタイリッシュなデザインを実現する4辺フレームレスディスプレイ。


デザイン、機能性ともにスタンダードモデルとの圧倒的な差別化がされているところがXPSシリーズの大きな特徴です。

唯一、気になる点は、外部インターフェースの少なさです。

これは本機だけではなく、近年、薄型の筐体を採用したノートパソコンは、外部インターフェースを極限まで削減する傾向があります。

最高の成果を求めるビジネスマンや高品質なクリエイティブ環境構築といった高いパフォーマンスが要求されるプロフェッショナル用途でも十分活躍してくれる1台となるでしょう。

最大26%OFF!デル公式サイトセール開催中!

Dell公式サイトで最新ノートパソコンが最大26%OFF!

人気のInspironシリーズも20%OFFで購入できます。

最短当日出荷!即納モデル

Dellでノートパソコンを購入する場合、最短で当日中に発送される即納モデルか納期に2週間前後かかるカスタマイズモデルを購入する2種類があります。

即納品には、人気のInspironシリーズやハイエンドモデルのXPSシリーズなど多数のモデルが用意されています。
ノートパソコンがすぐに欲しい方におすすめです!

以下より即納品モデルの一覧が確認できます。

 

[st-card id=”809″ label=”関連記事” ]

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次