USB充電器

Anker PowerPort Atom III Slim レビュー【世界最薄サイズで30W出力】

2022年4月23日 

持ち運びの時にかさばらない薄型タイプの充電器であれば、会社内の自席以外で作業をする時に、ポケットに入れて持ち運んでも邪魔になりません。

充電器の小型化を実現したGaN(窒化ガリウム)技術を採用し、ANKERから販売されている充電器の中でも最薄モデルである「Anker PowerPort Atom III Slim」

iPhoneやiPadをはじめMacBook AirといったノートPCまで、あらゆるデバイスを急速充電できる汎用性の高い充電器です。

本記事では、ポケットサイズで持ち運びがしやすい薄型タイプのUSB-C充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」を紹介します。

Anker PowerPort Atom III Slim の概要

スペック

製品名 Anker PowerPort Atom III Slim
サイズ 約76 × 45 × 16 mm
重量 約 57g
USB PD対応
PPS対応
出力ポート USB Type-C x 1
USB-C 出力 5V 2.4A / 9V 3.0A / 15V 2.0A / 20V 1.5A(最大30W)
最大出力 30W
プラグ収納
おすすめ充電デバイス iPhone ◯
iPad ◯
MacBook Air ◯
MacBook Pro 13 △

「Power IQ 3.0」と「GaN」

近年のUSB充電器は、ノートPCの充電も想定されているため、高出力かつ小型で持ち運びやすいサイズを実現しなければならないといった難しい課題をクリアしなければなりません。

この課題をクリアしたANKER独自の新技術「Power IQ 3.0」と「GaN」について解説します。

「Power IQ 3.0」とは


出典:ANKER JAPAN公式サイト

「Power IQ 3.0」とは、PD規格値上限の最大100Wで充電可能なAnker独自の最新規格です。

「Power IQ 2.0」までは最大出力が18Wでしたが「Power IQ 3.0」で一気に100Wまで引き上げることに成功しました。

MacBook ProシリーズやPD対応のノートPCも充電が可能になり、PC本体に付属する大型の充電器を持ち歩く必要がなくなりました。

「GaN」とは


出典:ANKER JAPAN公式サイト

従来、充電器はシリコン素材を用いており、高出力を実現する場合、発熱が大きくなり、本体が大型になるといったデメリットがありました。

しかし、窒化ガリウム(GaN)素材を用いることで、高出力にも対応、課題であった発熱も抑えることができるANKER独自技術の「Anker GaN ll」の開発に成功し、充電器の小型化を実現できました。

デザイン・付属品

同梱品は、本体、マニュアル、カスタマーサービス案内カードの3点。

 

表面はメッシュ加工、キズがつきにくいので、持ち運び時にも安心です。

 

クレジットカードより少し小さい底面積です。

 

ブランドカラーで印字されているANKERの独自技術「PowerIQ 3.0」
「PowerIQ 3.0」はQC 3.0(Quick Charge 3.0)、USB PD(Power Delivery)と互換性があるので、QCやPD対応デバイスもオールマイティに充電できます。

 

プラグを収納できるので、バッグの中に入れても他の荷物に干渉しづらいので、持ち運び時も安心です。

プラグを出し入れする時の硬さもほど良い硬さなので、無理な力をかけること無く、出し入れが可能。

プラグ収納時

プラグを出した状態

 

ケーブルは付属していないため、PD対応USBケーブルが別途必要です。

PD対応ケーブルは、出力容量などに注意しなければいけないポイントがあり、間違ったケーブルを選ぶと、充電できない場合もあります。

後述する計測でも使用している「Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル」であれば問題なく充電できるので、おすすめです。

サイズ・重量

実測値で59g。
ほぼ公称値どおりです。

 

MacBook Airの純正充電器と比べても薄さが際立っています。
これだけのコンパクトサイズながら、高出力を実現したGaN(窒化ガリウム)技術の凄さをあらためて実感じます。

 

手のひらに収まるコンパクトなサイズ感。

Anker PowerPort Atom III Slim はMacBook Air・iPhoneの充電に最適

M1 MacBook Airの充電時は、最大出力に迫る約27Wで充電が可能です。

M1 MacBook Air(2020モデル)

約27wで急速充電

 

iPhone12やiPhone13シリーズの高速充電にも対応。
最大出力値である20wで充電できます。

iPhone 12

約22wで急速充電

Anker PowerPort Atom III Slim 30W / 45W と比較

「Anker PowerPort Atom III Slim / 30W」よりも、高出力モデルである「Anker PowerPort Atom III Slim / 45W」も販売されています。

名称の違いどおり「Anker PowerPort Atom III Slim / 45W」は、最大45Wで出力できることが特徴です。

45Wタイプを使用すると、M1 MacBook Airの最速充電やMacBook Pro(13インチ)の通常充電が可能になります。

M1 MacBook Airを用いた30Wタイプと45Wタイプの充電時間の違いは、以下の記事にて検証しています。

関連記事
Anker Nano II 45Wレビュー【MacBook Airを最速充電できる!】

最近、外出時のモバイルPCとして MacBook Airを持ち運んでいるのですが、充電器として持ち歩いているのは、1ポートタイプの45wタイプが一番多いかもしれません。 そんな1ポートタイプの45w充 ...

また、多くのPD充電対応のノートPCも充電可能なので、より汎用性の高い充電器になっています。

重量は45Wタイプの方が、25gほど重くなっています。

30Wタイプ(59g)

45Wタイプ(84g)

 

底面積は、45Wタイプの方が半周りほど大きくなっています。

上:30Wタイプ
下:45Wタイプ

 

45Wタイプの方が、厚みは6mmほど増していますが、充分スリムです。

左:45Wタイプ(約20mm)
右:30Wタイプ(約16mm)

サイズが少し大きくなりますが、MacBook Airをなるべく早く充電したい方やPD充電対応のノートPCまで汎用性の高いUSB充電器がほしい方は、45Wタイプをおすすめします。

Anker PowerPort Atom III Slim のレビューまとめ

ANKERの充電器の中でも最薄モデルである「Anker PowerPort Atom III Slim」

MacBook AirといったノートPCからiPhone、iPadまであらゆるデバイスを急速充電が可能になります。

会社内で自席以外で作業する時に、充電器を持ち歩きたいといった用途におすすめの充電器です。

-USB充電器

© 2022 パソナビ